スマートフォン版へ

 

QRコード
YouTube
YouTube

この人にインタビュー

Vol. 30

木下ほうかさん
Vol.30:木下ほうかさん

7月からACジャパンによる骨髄バンク支援キャンペーンの新CMが始まりました。キャッチ・コピーは「僕が 卒業しても、」。
出演は俳優・木下ほうかさん。2009年に骨髄バンクを介して骨髄提供しました。これまでマスコミや芸能分野のドナー登録者で、実際に提供された数少ない方のお一人です。テレビ番組「痛快TVスカッとジャパン」のイヤミ課長といえば、今や小中高生の間で知らない者はないと言われるほど絶大な人気を博しています。かけがえのない経験となった提供当時のことをふり返っていただきましょう。

登録したきっかけは何ですか?

以前から、時間に余裕があると献血によく行っていました。献血ルームは、ゆっくりできるし飲み物やアイスクリームがあるのもうれしいですね。あるとき、献血ルームに行ったら骨髄バンクのポスターが貼ってあり、パンフレットを読んでみたら登録は献血の途中で、しかもわずかな血液でできることがわかったんです。あまり深く考えずにすぐにドナー登録しました。

適合通知が届いたときは、どんなお気持ちでしたか?

実は、いつも献血カードとドナーカードは手帳に挟んで持っているんです。なかなか骨髄バンクから連絡が来ないなと忘れかけていた頃、確か登録してから4~5年後に患者さんと適合したという通知が郵送されてきました。通知を手にしたときは、「あー、僕も誰かの役に立てるのかな」と思いました。それと反面、「この期間に大きな仕事が入ったら困っちゃうな、チャンスを逃してしまうかも」と少しだけ不安もありました。

まわりの方々の反応はいかがでしたか?

僕は提供する気持ちが固かったのですが、家族や事務所の人たちに話したら、知識が無いためか「そんなん、やめとけや」と反対されました。でもぼくは困っている患者さんのためになるなら提供したいと、ずっと思っていましたので、誰から何を言われても、自分の気持ちに変わりはありませんでした。仕事の予定は前もって調整してもらいましたが、会社勤めの人はそうはいかないこともあるでしょうね。

木下ほうかさん

プロフィール

木下ほうか(きのした・ほうか)
1964年大阪府大東市生まれ。1980年俳優としてデビュー。これまで数多くの映画・テレビドラマに出演。「痛快TVスカッとジャパン」のイヤミ課長で代表されるような個性的な役柄で活躍。その反面ゆったりとした大阪弁で冗談をとばし、悠然とした姿は幅広い世代の心をつかんでいる。
topへもどる