スマートフォン版へ

 

QRコード
YouTube
YouTube

提供者さんインタビュー

Vol. 39

吉田信さん
Vol.39:吉田信さん

吉田さんは、仕事の合間をぬって、骨髄提供いただきました。初めは不安を感じていましたが、コーディネーターから丁寧な説明を受け安心したと話します。提供していただいた体験談を伺いました。

ドナー登録したきっかけは?

2015年の秋ごろ、献血ルームに月に一回行くペースになっていた頃でした。そこで登録の勧誘がありました。もともと誰かのためにと思い献血に行っていたので登録自体に抵抗はありませんでした。

適合通知が届いた時の気持ちは?

手術と聞いて気持ちが引いてしまう人がほとんどだと思います。正直自分もそうでした。骨髄バンクからのオレンジ色の封筒が届いた時、「来たか・・・」と思いました。それまで感じていた不安は、採取日までにコーディネーターによるとても丁寧な説明で取り除かれ、入院や全身麻酔を体験できるという好奇心に代わっていました。

入院はどうでしたか?

入院の日程は、私の都合に合わせて決めてくれました。採取日から逆算して術前健診、採取当日に行う貯血のための通院と何回か通院しなければいけません。時間を確保するために、身内や職場の理解がないと難しいこともあるでしょう。今回の入院では、個室を用意いただきました。入院中の心配も担当医からの説明で、安心して採取に臨むことができました。特に病気での入院ではないため、小旅行気分でした。

吉田 信(よしだ・しん)
埼玉県在住。2015年ドナー登録。2016年骨髄提供。
topへもどる