スマートフォン版へ

 

QRコード
twitter
facebook
YouTube

提供者さんインタビュー

Vol. 40

後藤哲平さん
Vol.40:後藤哲平さん

後藤哲平さんは、学生時代は台湾に留学し、現在は中国語と英語を駆使して海外取引で活躍する国際ビジネスマン。骨髄バンクで移植を受けた姉・千英さんの5年後に、縁あって今度は自らが骨髄バンクで提供ドナーとなりました。海外出張で忙しい合間をぬって、出発便を待つ羽田空港でお話を伺いました。(このインタビューは、日本骨髄バンクニュース第51号[2017年12月6日発行]でもご紹介しています)

提供を通じて感じたことは?

仕事柄、海外出張が多いので、その時期を避けて調整してもらいました。最終同意面談には妻と姉が同席しました。姉はこれを機会に骨髄バンクを勉強するつもりだったようです。
提供後は1~2週間ほど腰に鈍痛がありましたが、その後は全く問題なく過ごしています。
僕にとって、1回目の提供は移植を受けた姉のご恩返し。2回目が本当の意味での善意の提供で、プラスになると思っています。その機会がくることを楽しみにしています。

移植当時の姉・千英さんの病室にて移植当時の姉・千英さんの病室にて

後藤哲平(ごとうてっぺい)さん
香川県在住。2012年1月ドナー登録。2017年7月骨髄提供。
topへもどる