スマートフォン版へ

 

QRコード
YouTube
YouTube

骨髄バンクQ&A

Q

骨髄移植とは?

A

骨髄移植はドナーに全身麻酔をして、腸骨という骨盤の一部(ズボンのベルトがあたる部分の骨)に専用の針をさして、注射器で骨髄液を吸引し、採取した骨髄液を患者の静脈へ点滴で注入する治療法です。

採取に用いる針は骨髄採取専用のもので、ドナーの体格に合わせたサイズを選択します。皮膚を通して腸骨に垂直に針を刺し、1カ所から数〜10ml程度ずつ注射器で吸い取っていきます。皮膚は前後左右に少し動くので、同じ皮膚の穴を使って同じ骨の数カ所に刺すことができます。このような穿刺を繰り返し、合計500〜1000ml程度の骨髄を採取します。ですから皮膚には通常、左右それぞれ数個程度の痕しか残りません。所要時間は約1~3時間です。またその注射痕も、3〜6カ月後には消えてしまいます。太い神経であるせき髄に針を刺すことはありません。

骨髄バンクQ&A一覧
過去の記事を見る
topへもどる