スマートフォン版へ

 

QRコード
YouTube
YouTube

骨髄バンクQ&A

Q

先日、患者さんがみつかったという案内がきました。いまは事情があって提供できないので、申し訳なかったのですが辞退させていただきました。お断りしたものの、患者さんのことがどうしても気になります...。ほかに提供者がいらっしゃったのか、教えてもらうことはできませんか?(Kさん)

A

患者さんの状況をお知らせすることはできません。

現在では、約9割の患者さんに複数のドナー候補者の方がみつかり、多くの場合、複数のドナーさんのコーディネートが同時に進められます。

ただし、おひとりの患者さんにドナーが何人いらっしゃるかは、ドナーコーディネート担当者には知らされません。したがいまして、ドナーさんに患者さんの状況をお知らせすることができません。

骨髄バンクは、『公平性・公共性・広域性』が基本理念です。ドナーの方の自由意思を尊重するため、コーディネーターなど、ドナーコーディネート担当者にも患者さんの病状や他のドナーの進行状況は知らされません。すべての登録患者さんに等しくドナーを仲介しようとする部門が個々の患者さんの状況を把握してしまうと、間違えば担当者によって強制や誘導が行われる恐れがあります。その場合、ドナーの方に大きなご負担をおかけしたり、自由意思を確保できず公平性を保つことが困難になってしまう恐れがあるからです。

ご理解いただけますようお願いするとともに、あたたかいお気持ちに感謝申し上げます。

骨髄バンクQ&A一覧
過去の記事を見る
topへもどる