スマートフォン版へ

 

QRコード
YouTube
YouTube

患者さんインタビュー

Vol. 02

「ももの木」メンバーの皆さん
Vol.02:「ももの木」メンバーの皆さん

東京大学医学部付属病院、東京都立駒込病院の血液内科に入院していた患者さんを中心に発足した集まり。2000年4月から活動を始め、メンバーは10〜50代の約30名。患者同士の交流、情報交換を目的に3か月に1度のペースで会合を設けている。
今回は「ももの木」から大橋晃太さん、橋本寛さん、棚谷素子さんに出席いただき、ドナーズネットとの対談というお話を伺いました。
(文中では、大橋、橋本、棚谷と表記させていただきました)

マラソン選手から看護士へ
病気の経験が人生を変えた

大橋 今日の3人のなかでは、橋本君が唯一の骨髄移植経験者なんです。話も面白いから、彼から始めましょうか?

橋本 面白いって、そのときは大変だったんだよ!(一同笑)僕は中学、高校とずっと陸上の長距離選手でした。実業団にもスカウトされて入り、オリンピックを目指してマラソンをやっていたんです。でも1994年の夏あたりから体調が悪くなって、その頃、十和田・八幡平駅伝という大会に出場したんですが、途中であまりの具合の悪さに意識が無くなり、気がついたらゲーゲー吐いてたんです。その大会は区間記録を更新する勢いだったんですが、最後の3kmぐらいは意識がなかったんですね。とにかくタスキは渡したらしいのでホッとしたのだけ覚えてます。それからもずっと体調が悪くて走れないので、練習も休みがちになってしまって。でも、スポーツマンだし病気になるなんて考えてなかった。周りも僕が怠けてると思ってたみたいで......。

大橋 それ、あるよね。最初の頃は普通と変わらないから。僕も発病したとき、ちょうど研究室が忙しい時期で、先生から「サボるな」って怒られた(笑)。

橋本 そうでしょ?結局、コーチに泣いて訴えてやっとわかってもらった。で、病院で検査を受けたら即刻入院しろと。でも、走れなくなると困るんで渋っていたら、そのときのお医者さんから「君は、大津波が目の前に迫ってるときに、明日、何食べようかとか悠長に考えていられるかね」と言われたんですよね。病名はまだ聞いてなかったんですけど、「俺はよっぽどヤバイのか!?」って思いましたよ。でも入院すると「盲腸と同じような病気、1度治療すれば治るよ」と言われて。実際に治療を始めると、髪は抜けるし、気持ちは言いようがないくらい悪くなるし、しかも治療は終わったのに「再発を防ぐために、もう1度徹底的に叩きましょう!」なんて言われるし。どう考えても盲腸と同じとは考えられない(笑)。それで、自分でいろいろ調べて白血病じゃないかって先生に聞いたら「その通りだね」とあっさり認められてしまいました。

大橋 先生方は、はぐらかすのうまいんだよね、のらりくらりと(笑)。

橋本 僕は一卵性双生児なので、弟から骨髄を貰えたんで。最初から骨髄液のあてがあって、先生たちも橋本は大丈夫だと思っていたみたい。

ドナーズ 今はそれぞれ社会復帰なさっているそうですが、大橋さん、棚谷さんにも病名をお伺いしてもいいですか?

大橋 僕は大学院の修士課程1年の冬に、たまたま骨髄異形成症候群だってことが分かって、そのまま半年間、東大病院に入院しました。その間に骨髄移植をする予定もあったんですが、幸い何度か試みた化学療法が功を奏して、今は元気にやってます。大学では博士過程で、ドナーからの骨髄採取装置の開発をしてます。

棚谷 私は秘書として働いてますが、1999年に悪性リンパ腫で入院しました。リンパ腫は、病状が進んで骨髄にも異常が現れると骨髄移植が必要になるんですけど、私はまだそこまでではなかったので。

橋本 僕は退院後、元の会社をやめて、今は看護士になるための専門学校に通っています。

topへもどる