スマートフォン版へ

 

QRコード
YouTube
YouTube

患者さんインタビュー

Vol. 04

加藤徳男さん
Vol.04:加藤徳男さん

1998年に慢性骨髄性白血病と診断され、現在ドナーを探している患者さんのひとり。昨年生まれた娘・愛香ちゃん、妻の真紀さんとともに、今年制作された登録会ポスターに登場している。

町民検診で分かった突然の発病

みんなそうだと思うんですが、僕も病気になるなんて思ってもみませんでした。病気が分かったのは3年前の町民検診ですが、その検診もそれまでは行ったことなかったんです。うちはいちごの栽培農家なので、健康チェックを受ける機会は、町民検診ぐらいしかないんですが、検診が行なわれる5月は毎年いちごの収穫期で忙しくて......。でもその年は、仕事を始めて4年目だし、そろそろ受けておいてもいいんじゃない?という家族の勧めもあって、お昼頃に仕事をちょっと抜けて受けに行ったように記憶しています。その時は体調もよく、結果も全く気にしてませんでした。

ところが1週間後、家に保健所から電話があって。母が受けたんですが「白血球の数値が良くないので、再検査を受けてください」と言われました。白血球の数値は母曰く「1万6000」だったそうです。でも、普通の人でもケガをしたり体調が悪かったとすると、それくらいになることがあるらしいし。だから、たまたまだろうと思ってました。ただ、電話を掛けてきた保健所の方の声が緊迫していたのと、再検査を受けずにまた連絡が来たりすると面倒だからと思ったこともあって、近くの市民病院で検査を受けたんです。

再検査の1週間後、結果を聞きに病院に行きました。診察室に入ったら、先生が渋い顔をしているんです。で、「白血球の数値は16万に間違いない。詳しい結果をお話したいので、ご両親にすぐ連絡してもらえますか?」と言われて、これは只事ではないなと思いました。その日は、当時つき合っていて今は妻となった真紀と一緒に病院に行っていたのですが、彼女は肉親じゃないということで聞いてもらうわけにはいかない。でも両親にもすぐ連絡は取れないしで、困ってしまったんです。

でも、本人抜きで両親にだけ話されて、それで親がパニックを起こしたらどうしようとか、自分のことなのにうやむやにされたままでは今後の判断ができなくなるとか、いろんなことが頭を回って、白血球の数値が高い=白血病ぐらいの知識しかなかったんですが、先生に「白血病ですか?」と聞いてみたんです。「その疑いはある」という答えでした。彼女と2人で病院の会計を待っている間、まわりの風景が、病院に来たときとは全然違って見えたのが、すごく印象に残っています。

topへもどる