スマートフォン版へ

 

QRコード
twitter
facebook
YouTube

患者さんインタビュー

Vol. 20

後藤千英(ごとうちえい)さん
Vol.20:後藤千英(ごとうちえい)さん

後藤千英さんは発症してから10数年を経て骨髄バンクを介して骨髄移植を受け、今では重大な病気を経験したとは思えないほど元気になりました。講演会や患者向けセミナーでは、自らの苦しい体験を通じて患者さんと語らい、勇気づけてくれます。移植から5年後に弟の哲平さんが骨髄バンクで提供ドナーとなりました。現在、姉弟そろって骨髄バンクを支援していただいています。 (このインタビューは、日本骨髄バンクニュース第51号[2017年12月6日発行]でもご紹介しています)

移植の決断は父の言葉

リスクを含めてありとあらゆる情報を集めました。患者会のセミナー等にも出席して、移植のほかに選択肢がないかどうか調べました。
なかなか決心がつかない私に、最後に背中を押してくれたのは父の言葉です。「人生には何度か勝負しなければならない時がある。千英には自分で決断する力がある」。
3度のセカンドオピニオンを重ね、最終的に大阪の移植病院に決めたのは直感でした。同じ病棟に私と同年代の患者さんは1人だけでしたが、その方と病気の悩みを分かち合うことができました。患者さんのブログサイトでも情報交換ができたことは心強かったです。

topへもどる