スマートフォン版へ

 

QRコード
twitter
facebook
YouTube

患者さんインタビュー

Vol. 20

後藤千英(ごとうちえい)さん
Vol.20:後藤千英(ごとうちえい)さん

後藤千英さんは発症してから10数年を経て骨髄バンクを介して骨髄移植を受け、今では重大な病気を経験したとは思えないほど元気になりました。講演会や患者向けセミナーでは、自らの苦しい体験を通じて患者さんと語らい、勇気づけてくれます。移植から5年後に弟の哲平さんが骨髄バンクで提供ドナーとなりました。現在、姉弟そろって骨髄バンクを支援していただいています。 (このインタビューは、日本骨髄バンクニュース第51号[2017年12月6日発行]でもご紹介しています)

移植後の闘い

2012年1月に骨髄バンクに患者登録してすぐにドナーが見つかり、移植を受けたのは6月。その間に卵子保存を行うことができました。移植後、一番つらかったのは薬が飲めないことです。口やのどの粘膜がただれて水も飲めない状態で、そのつらさは想像を絶するものでした。

移植後のきびしい服薬治療
移植後のきびしい服薬治療

そのとき何よりも慰めてくれたのは、義理の姉が作ってくれた家族のアルバムです。家族1人1人の写真とメッセージに涙があふれました。

家族のアルバム
家族のアルバム

移植前処置の直前に、担当医師が「自信と経験があるから大丈夫」と言い切ってくれたことも支えになりました。それが信頼関係につながり、患者にとってすごく大事なことだと、折に触れて医師の方々に話しています。
ドナーさんから頂いた造血幹細胞が体に生着して新しい血液が造り出されると、苦しみは嘘のように消えていき、9月には退院できました。

topへもどる