スマートフォン版へ

 

QRコード
twitter
facebook
YouTube

患者さんインタビュー

Vol. 20

後藤千英(ごとうちえい)さん
Vol.20:後藤千英(ごとうちえい)さん

後藤千英さんは発症してから10数年を経て骨髄バンクを介して骨髄移植を受け、今では重大な病気を経験したとは思えないほど元気になりました。講演会や患者向けセミナーでは、自らの苦しい体験を通じて患者さんと語らい、勇気づけてくれます。移植から5年後に弟の哲平さんが骨髄バンクで提供ドナーとなりました。現在、姉弟そろって骨髄バンクを支援していただいています。 (このインタビューは、日本骨髄バンクニュース第51号[2017年12月6日発行]でもご紹介しています)

最上級の「ありがとう」

以前は事務職でしたが、通院しやすいよう営業職に変わり、今では病気だったことが信じられないほど元気に活動しています。小さい会社ですが「ドナー休暇制度」ができました。勤務先にこういうバックアップ体制があると、ドナーさんにとっては、提供に前向きになれると聞いています。これを機にほかの事業所にも広がっていくとうれしいです。
病気でつらい時期は本当に苦しい時間ですが、今病気と闘っている患者さんへは「上がらない雨はない」と伝えたいです。苦しいことがあってもいつか必ず嵐はやむ時が来ることを信じてほしい。
ドナー登録してくれた方には、もし適合したら一度は話を聞いてほしいと思います。いろいろな事情があって提供が難しいこともあるでしょうけれど、せめて一度お話を聞いて、それから判断してもらえればいいなと思っています。
こうして命を分けてもらったことへの感謝でいっぱいです。最上級の「ありがとう」を探しているけれど、ほかに言葉が見つからないです。

弟の哲平さんと千英さん
弟の哲平さんと千英さん
topへもどる